So-net無料ブログ作成

お父さんやお母さんは虫眼鏡で新聞を読んでいませんか [プレゼント]



人間、40歳を過ぎると誰しも、近くのものが
見えづらくなってきます。

近眼だと老眼になりにくいなんていう人もいますが

実は近眼の人も老眼になります。


ただし、普段かけている近眼用のメガネを外せば、
近くは見えますから、老眼に気が付きにくいという
ことだそうです。

そして、老眼は目が良いとか、目を大事に
使っているとかということには関係なく

歳と共に確実に進行していくものなのです。


虫眼鏡で本を読んでいる老人


老眼が進むと近くの物に焦点が合わせ
られなくなる

例えば平均して

40歳だと焦点を合わせられる最短距離(近点)は
25cmだったのが

60歳の方が100cm

70歳の方だと何と200cmとなります。

視力検査表


ただし、焦点距離だけなら老眼鏡で何とか
なります。

老眼鏡の度数を強くしていけば、近くのものに
何とか焦点を合わせることはできます。


ところが年齢と共に

目の水晶体は濁ってきますし、表面の凹凸も
増えてきます。

解像度が落ちるとでも言うのでしょうか

小さな文字やものがはっきりと見えなくなって
くるのです。


虫眼鏡で新聞の文字を見たところ


こうなると、老眼鏡だけでは間に合いません。

やむなく、見えにくい老眼鏡片手に新聞の
文字を拡大して見るということになります。

これが新聞とかだったら、広げて
おいておくだけでいいですが


文庫本とかだと、片手でページをめくるのが
大変ですし、両手を使って細かい作業をする
ということもできません。


そんな時に活躍するのがハズキルーペ

メガネ式ですから両手が自由に使える。

特殊レンズなので、虫眼鏡のように周辺が
ぼやけるということも少ない

ハズキルーペで細かい文字を見たところ


さらに一定の老眼の度数もついていますから、
さらに見やすくなっています。

もし、今、お父さんやお母さんが虫眼鏡片手で
新聞とか読んでいらっしゃるようなら

ハズキルーペは、きっと贈って喜ばれる便利グッズです。

石坂浩二さんが写っているハズキルーペのパンフレット

なお、ハズキルーペの老眼の度数は+2.5です。

この+2.5というのは大体55歳くらいの方の
老眼の度数ですが

虫眼鏡片手ということは、さらに老眼の度数が
進んでいる方だと思いますので

老眼鏡と併用しないと、老眼の度数が足りない
可能性があります。


ハズキルーペのパンフレット


ちなみに最新型のハズキルーペPart5は、
スリムでスタイリッシュになったのは良いのですが、

その分メガネと同時に使うには使いづらい
場合があります。

メガネと一緒に写っているハズキルーペPart5
ハズキルーペPart5


ですから、比較的高齢の方が使用されるのであれば、
サイズ(レンズ)が大きく、メガネとの併用が容易な
ハズキルーペPart3(一つ前のタイプ)をお勧めします。

サイズとフレームの柔らかさ以外は性能的には
ほぼ同等です。

ハズキルーペPart3
ハズキルーペPart3赤ラメ、ブルーライト対応タイプ


ハズキルーペPart3の場合

ブルーライト対応タイプはフレームの色が
黒、紫、赤、茶、白の5色

クリアレンズタイプは
黒、紫、赤の3色の中から選ぶことができます。


関連記事


古稀のお祝いにハズキルーペをプレゼントしませんか

Part3とPart5の違いをチェックする

プレゼントで喜ばれているハズキルーペ

ハズキルーペ3の特徴


★ハズキルーペ3をAmazonで購入する★

★ハズキルーペ3を楽天で購入する。★






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0