So-net無料ブログ作成

老眼鏡はパソコン用と読書用は分けた方がいいのでしょうか [老眼]



老眼鏡はパソコン用と読書用は分けた方が
良いのでしょうか

という質問を老眼が始まったばかりの方から
受けました。

結論から言うと

「分けた方が良い」です。

細かい物を拡大鏡でみている女性

理由を説明すると

老眼というのは、老化により目のレンズが
硬くなって膨らませることができなくなった
結果

近くのものに焦点が合わせられなくなった
という現象です。

例えば55歳の人の平均的な近点距離は
約67cm

近点距離というのはしっかり焦点をあわせ
られる最短距離ですから

個人差はありますが

平均的にいうと55歳の人は67cm以内に
ものがあると目の焦点を合わせられない
ということになります。

老眼になった男性

そこで老眼鏡(凸レンズ)を使って、焦点を
近くに持っていくことになります。

ところがパソコンの画面を見る場合、普通
50~60センチくらい離れていますから

7~17cmくらい焦点距離を手前に持って
くれば画面に焦点を当てることが可能になり
ます。
67-50~60=7~17cm

実際は焦点距離の限界ぎりぎりだと目が
疲れてしまうので、もう少し余裕がある
ように調整します。

一方、読書の場合は、本を手に持って読み
ますから、目から本間での距離は30cm
程度です。

ということは、焦点距離の修正は37cm
必要になります。
67-30=37cm

ですからパソコンの画面がちょうどよく
見える度数の老眼鏡だと

本を読むには度数が足りないということに
なります。

結果、パソコンを見る時と読書するときでは
老眼鏡は分けた(度数の違う)ものを使った
方が良いですよということになります。

ハズキルーペ

ちなみに

ハズキルーペ5では

ブルーライト対応タイプ

つまりパソコンから出る目に悪いといわれて
いるブルーライトを55%カットするタイプ
は、パソコンで使用することを想定し

老眼の度数が1.3と比較的低めに設定
されていますが

読書などを想定したクリアレンズタイプは
老眼の度数を2.5とやや強めに設定されて
います。


関連記事

いつでもどこでも簡単にできる老眼予防トレーニング

老眼と遠視は違うのでしょうか

定年退職のお祝いに気の利いた便利グッズを贈りませんか

ハズキルーペが2016年10月に新ラインナップに変更





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。