So-net無料ブログ作成
検索選択

レンズの倍率の違いからハズキルーペを選ぶ方法 [選び方]


2016年10月ハズキルーペのラインナ
ップが一新され

クールハズキ
ハズキルーペコンパクト
ハズキルーペラージ

の3種類に集約され

ハズキルーペの新ラインナップ

さらに各タイプに

拡大率1.32倍と1.6倍の製品がそれ
ぞれ加わりました。
(これまでは種類によってどちらかの拡大
率しか選べませんでした)

このレンズの倍率の違いはどのような意味
があるのでしょう

単に見える倍率が違うといってしまえばそ
れまでなのですが

特徴をよくおさえて選ばないと、結局、自
分の使う目的には合わなかったということ
もあり得ますから

2つのレンズ拡大率の違いについて説明し
ます。

拡大率は

1.32倍 と
1.6倍

の2種類

1.32倍のレンズでパソコンを見た所
ハズキルーペでパソコンを見た所

1.32倍の特徴

こちらは、パソコンなどの少し離れた物を
見ることを想定して拡大率が小さめで

焦点距離も50~70cmくらいの所に合
いやすいように調整されています。

パソコンの場合30cmくらいまで目を近
づけるとバックライトがまぶしくて目がチ
カチカしますし、視界が狭くなり画面全体
も見にくくなってしまいます。

ですから1.32倍のレンズは、パソコン
などの比較的離れた物を一回り大きくして
見やすくするのに便利なメガネ式拡大鏡と
して捉えてください


1.6倍の特徴

こちらは、小さい手元のものをより大きく
見えるようにすることに重点を置き

焦点距離も30~40cm程度の所に合う
ように調整されています。

高齢になって視力の衰えた方が読書をした
り、手元の細かい作業をする

あるいは、細かい精密な作業を両手を使っ
て目のすぐ前でやりたいというような場合
に適しています。


ルーペでパソコンの画面を見たところ
パソコンの画面をルーペで見たところ

いずれのタイプも通常のルーペ(拡大鏡)
よりも広い範囲を、ゆがまない画面で観る
ことができるようになっています。


時々ハズキルーペに批判的な口コミなど
で、かけたまま周りを見たり、歩き回ると
目がクラクラする

という人がいるのですが、ハズキルーペは
両手が使えるメガネ式拡大鏡、ルーペ、虫
眼鏡ですから

ハズキルーペをかけたまま遠くは見ないで
下さいw(゚o゚)w オオー!

当然車の運転もNGです(^^;)


★Amazonでハズキルーペを見てみる★


★楽天でハズキルーペを見てみる★


関連記事

ハズキルーペのカラーレンズとクリアレンズの違い

ハズキルーペは3種類、どう違うのでしょう

2016新ハズキルーペの選び方





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: