So-net無料ブログ作成

70歳を過ぎて元気のないお婆さんににハズキルーペをプレゼントしてみませんか [高齢者]

今時の60代はまだまだ若いですが

さすがに70歳を超えると、体力の衰えが
目立ってきます。

特に70歳を超えたお婆さんに、急に元気
が無くなる人が多いように見えます。

目が見えづらくなったお婆さん

その原因の一つに、視力の低下

特に老眼によって手元のものがよく見えな
くなることで、今まで出来ていたことが出
来なくなることで

あらゆる事に意欲が減少する場合があり、

さらに悪化すると、軽いうつ状態になった
りする事もあります。

何で老眼で意欲が減退するのでしょうか

因みに年齢別に老眼の進み方を見てみると


年齢によるおおよその近点距離
(近点距離とは焦点を合わせられる最短距
離で、近点距離が長くなるほど近くの物に
焦点が合わせられなくなります)

50歳  40cm
55歳  57cm
60歳 100cm
65歳 133cm
70歳 200cm


つまり、60歳を過ぎたあたりから、裸眼
で近くの物をはっきり見ることはほとんど
不可能になってきます。

老眼で近くの物に焦点が合わなくなってきた人

最初の頃は手探りや感で何とかしているも
のの老眼鏡が手放せなくなっていきます。

所が老眼鏡では、焦点距離を合わせられて
も、小さな細かい物をしっかり見ることは
できません

なぜか

それは目のレンズ=水晶体が固くなって、
弾力性が無くなる結果

近くの物に焦点が合わせられなくなるばか
りでなく

レンズの表面も、お肌などと同じようにシ
ワ?が出来て凸凹してきます。

その結果、網膜に映る画像もクリアに映ら
ず、形が崩れて見えます。

さらに水晶体や眼球もクリアで無くなり、
不純物が混ざって、光をしっかり通さなく
なっていますから

目に映る画面も粗い画像でしかも暗い

ということで、結局よく見えない

そして、よく見えないから

手元の細かい作業などをするとえらく疲れ
るため、そういうことがおっくうになって
きます。

近くのものが見えないお婆さん

70歳ともなると仕事をしている人も少な
いでしょうし、日がなやることも少ない

何かやろうとしても、目が見えづらいので、
やる気が起きないということになります。

たまに趣味の塗り絵や刺繍をしようと思っ
ても、よく見えないし、できあがりもきれ
いでない

その結果

毎日暇で退屈なのだけれども、趣味などを
楽しむことも出来ない

「ああ、自分は何のために生きているのだ
ろう」てな気持ちになってしまい

そういう日々が続くと、軽いうつ状態にな
って、更に何もする気が起きない

=元気が無い

という悪循環に陥ります。

ハズキルーペ

そういうお婆さんにハズキルーペをプレゼ
ントする

ハズキルーペを使えば手元の物が大きく拡
大して見えるし両手も自由に使えます。

おそらく10~20歳くらい若かった頃の
目の見え方に戻るはずです。

今まで上手く出来なかったことがスムーズ
に出来るようになれば、俄然意欲も湧いて
きます。

絵を書いたり、小物作りに勤しんだり

それだけでもずいぶんと人生に張りが出来
て元気が出てくるはずです。

ということでお婆さんにハズキルーペをプ
レゼントしてみませんか

何かが変わるかもしれません。


プレゼントするなら老眼鏡と併用の出来る
ハズキルーペラージ

レンズの倍率は1.6倍の物がオススメで
す。


★Amazonでハズキルーペを見てみる


★楽天でハズキルーペを見てみる★


関連記事

歳をとると何で細かい文字が見えなくなってくるのでしょう

ハズキルーペPart3とハズキルーペラージは違うものなのでしょうか





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。