So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
メガネ式拡大鏡 ブログトップ

細かい作業がやりづらくなった時に使うメガネ式拡大鏡の種類 [メガネ式拡大鏡]



歳をとってくると、細かい作業が次第にうっとうしくなってきていると思います。

ただでさえ指先がうまく動かない、

そもそも指先の脂分がなくなって、小さなものがうまくつかめないんですよね(^^;)


さらに、細かい作業をしたり、小さな文字を読んだりとそういう作業をやること自体が、面倒というかやろうという気力自体が萎えてきてしまっている。

ハズキルーペ
ハズキルーペ

そんな時に重宝するのが、メガネ式拡大鏡です。

メガネ式拡大鏡なら両手を自由に使って、作業をしたり、本をめくったりできます。

このメガネ式拡大鏡には大きく分けて2つの種類があります。

メガネ式 と 双眼ヘッドルーペです。

メガネ式は、見た目が、普通のサングラスのような形になっていて、見た目にもファッショナブルです。

ハズキルーペが代表的なものです。

双眼ヘッドルーペは、ヘッドバンドに小さな双眼鏡をつけたようなものを頭からかぶるタイプです。

池田レンズ工業のBM-120などがあります。


双眼ヘッドルーペBM-120



メガネ式のハズキルーペは神田通信工業が開発した製品でファッショナブルなデザインや、今までのものとは少し変わったコンセプトで作られており、

非常に人気がある製品で、特に贈り物としても喜ばれているようです。

ハズキルーペは視野が広く、両目で見る事ができ、画面のゆがみが少なく、長時間使用しても眼が疲れにくいという特徴を持っています。

もともと人間は両目で物を見るのになれていますし、虫眼鏡などを使っていると、視野が狭く、画面もゆがんでいることから、長時間使っていると眼が疲れてしまいます。

また、虫眼鏡などだと、両手を使って作業する事ができず、本をめくったりする時など、とても不便な場合もあります。

双眼ヘッドルーペBM-120を装着して細かい作業をしているところ

双眼ヘッドルーペは、細かい作業などを行うための拡大鏡として、結構昔から使われてきました。

メガネ式と同様に、両手を自由に使えるので、作業はとてもやりやすくなります。


通常、双眼ヘッドルーペは、メガネ式よりも拡大率を大きくする事ができ、精密な作業をする場合には便利なのですが、メガネ式と比べ視野が狭く、目が疲れやすいという面があります。


メガネ式拡大鏡を選ぶ時は、この二つのタイプの特徴を考慮して、使う人が、どのようなシーンで使うのかによって、選択するとよいでしょう。


関連記事

40代になると、肩こりや首筋のハリがひどくなりませんか

大きく分けて2種類あるメガネ式拡大鏡の種類と特徴

メガネ式拡大鏡について

ハズキルーペPart5とは





メガネ式拡大鏡について [メガネ式拡大鏡]



40歳を超えると、みなさん細かい文字や近くが見えづらくなってきます。

最初はこれが老眼だということになかなか気が付かないのですが、度が進むにつれて、老眼だということが歴然としてきます。

老眼鏡

そこで多くの人は遠近両用のメガネなど作ることになるのですが

次第に遠近両用では間に合わなくなって

近いとこ専用=老眼鏡を作ることになります。


眼鏡屋さんに行って「遠視用のメガネ作りたいんですけど」というと

「老眼鏡ですね」ときっぱり言われてしまったりします。

「ろーがん」「ろーがん」言うなよと思うのですが歳をとったのは間違いがありません。


ハズキルーペ
ハズキルーペPart3

そして何時しか細かい文字や、近くを見る時に老眼鏡は手放せない物になっていきます。

そしてさらに視力が低下し、細かい文字を見たり、細かい作業をすることが、老眼鏡だけでは難しくなってくるのです。


そこで登場してくるのが拡大鏡です。

よくお年寄りが新聞などを読む時に、虫眼鏡などを使っていらっしゃるところを見た人もいると思います。

虫眼鏡のような、手で持つようなタイプだと、片手しか使えないので不便です。

本などのページをめくる時に片手では、やりにくいでしょう

老人が虫眼鏡で本を読んでいるところ

そんな時に便利なのがメガネ式拡大鏡です。

メガネ式なら、耳にかけているので両手が自由に使えます。

最近のものは、メガネをかけたまま使用できるものも出てきました。

加えてファッション性に優れたものや、レンズのひずみが少ないものなども出てきています。

このメガネ式拡大鏡ですが、大きく2つの種類があります。


メガネ式と

双眼ヘッドルーペ

です。


メガネ式は文字通り見た目がメガネのようなタイプで、ハズキルーペなどが
これに当たります。

ハズキルーペ
ハズキルーペ


双眼ヘッドルーペは、ヘッドバンドに小さな双眼鏡をつけたような形のものです。

池田工業の双眼ヘッドルーペBM-120などがこれに当たります。

双眼ヘッドルーペBM-120




関連記事

2017新ハズキルーペ、特長や違い、選び方は

大きく分けて2種類あるメガネ式拡大鏡の種類と特徴

細かい作業がやりづらくなった時に使うメガネ式拡大鏡の種類

ハズキルーペPart5とは




大きく分けて2種類あるメガネ式拡大鏡の種類と特徴 [メガネ式拡大鏡]



40歳を過ぎると、細かい文字や、手元に近いところが見えにくくなってきます。

始めは自分が老眼だということに気がつかないか、気付いても「老眼」という事実を認めたくなくて、見にくい状況を我慢しています。

しかし歳と共に老眼は確実に進んでいき、ついに老眼鏡無しで新聞や本が読めなくなる日がやってきます。

老眼の進んだ老人

そして、さらに老眼鏡が手放せないものになっていくのですが、さらに老眼が進むと、老眼鏡だけでは小さな文字が読めない

ということでルーペなどを使うようになるのですが、普通のルーペだと、視界が狭く、しかもルーペを持っている手は使えませんから、

本のページをめくったり、両手でないとできない作業をする時は困ります。


そこで出てくるのがメガネ式拡大鏡です。

耳にかけるメガネ式であれば、自由に両手を使うことができます。

本を読むのも、手近の細かい作業をするのもずいぶんやりやすくなります。


目が遠くなっても、若いときのようにクオリティーの高い生活を続けるために、このメガネ式拡大鏡はずいぶん便利なツールなのです。

ハズキルーペ3 赤ラメ ブルーライト対応レンズタイプ
ハズキルーペ3赤ラメ、ブルーライト対応タイプhazuki979.jpg


メガネ式拡大鏡は大きく分けて2つの種類があります。

メガネ式と双眼ヘッドルーペです。

メガネ式で代表的なものは石坂浩二さんのCMで有名なハズキルーペ3です。

もう一つの双眼ヘッドルーペで一般的な物は、池田レンズ工業のBM-120です。

どちらも、特徴があり、使う目的や、シーンを考えて選べば、どちらもずいぶん便利なツールになります。


ハズキルーペPart3 黒ラメ クリアレンズタイプ
ハズキルーペ3黒ラメクリアレンズタイプ


メガネ式(ハズキルーペ3)

見た目がスマートで、しゃれたサングラスのような感じがします。

老眼鏡は嫌だという人でも、比較的抵抗なく受け入れることができます。


そして、視界が広く、圧迫感がないので、新聞を広げてみる場合などに便利です。

視界が広く圧迫感もないので、長時間作業しても比較的疲れにくいのも特徴です。



双眼ヘッドルーペBM-120


双眼ヘッドルーペ(BM-120)

高い倍率のものがあり、手元の本当に細かい作業をする時に便利です。

レンズを交換することで、必要に応じ倍率を変更できます。
(1.8倍~3.5倍の4種類、さらに倍率を高くしたシリーズもあります。)

見た目が少しオーバーな感じがするので、人前での使用に抵抗がある場合があります。


双眼ヘッドルーペBM-120

関連記事

2017新ハズキルーペ、特長や違い、選び方は

ハズキルーペ3と老眼鏡はどう違うの

現代生活で避けられない、ブルーライトが人体に与える影響

石坂浩二さんの、大好きなプラモデル作りでもハズキルーペ3は重宝しているのでしょうか?




メガネ式拡大鏡 ブログトップ