So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
老眼鏡 ブログトップ

ハズキルーペは結局老眼鏡とどう違うの [老眼鏡]



ハズキルーペ5は、端的に言うとルーペ(拡大鏡)ですから、老眼鏡とは違います。


老眼鏡も凸レンズですから多少は拡大して物を見ることができますが、それほど拡大して見える訳ではありません。


一方、ハズキルーペはルーペ(拡大鏡)ですから、見たものを拡大して見ることができます。

拡大率は

・1.32倍

・1.6倍

・1.85倍(ラージタイプのみ)


1.32倍タイプはパソコンなどの比較的離れた画面を一回り大きくして、見やすくする感じ

1.6倍や1.85倍のタイプは、手元のものを大きく拡大して見たい場合に便利です。

パソコンの画面をルーペで見たところ


ただし、ハズキルーペはルーペ(拡大鏡)ということで凸レンズですから、

ハズキルーペを使って物を見る時には、焦点距離は近くなります。



これを老眼鏡の度数DPT(ジオプトリー)の数値で言えば

1.32倍タイプ → 1.3DPT

1.6倍タイプ  → 2.5DPT

1.85倍タイプ → 3.4DPT

となります。


DPTの値の目安を、もう少し分かりやすく言えば

例えば30~40cmくらい離れた本を読む場合、年齢別の平均的な老眼の度数で言えば

1.3DPT  → 40代前半

2.5DPT  → 50代中盤

3.4DPT  → 60代中盤

程度の老眼鏡の度数になります。

注:あくまで、平均的なものです。

老眼でスマホが見にくい人


ハズキルーペは老眼鏡ではありませんがルーペと言うことで、裸眼で見るよりも、焦点を合わせられる範囲は近く、狭くなります。


ハズキルーペは、メガネの上からかけて使うこともできます。

乱視や左右の視力が異なっているためにメガネが外せないという人でも、メガネの上からハズキルーペをかけて使う事が出来ます。

ハズキルーペ


★Amazonでハズキルーペを見てみる★


★楽天でハズキルーペを見てみる★


関連記事

2017新ハズキルーペ、特長や違い、選び方は

ハズキルーペ2017ラージとコンパクトの違いは

プレゼントで喜ばれているハズキルーペ

とても便利なルーペですが、購入して使う歳に注意すること








老眼になっていることを認めたくない人に最適のプレゼント [老眼鏡]



ハズキルーペ3はファッショナブルで、拡大鏡ということを前面に打ち出しています。

この点が喜ばれるプレゼントとしてのポイントとなっています。

hazuki828.jpg


というのは、やはり初老の人だったりすると「老眼鏡」というものに抵抗がある人が多いのです。

まだ自分は若い、老眼鏡なんてしたくないそんな気持ちの人が結構いるのです。


でも実際は老眼が進んでいて細かい文字を見るのに苦労していたり、読書が億劫になっていたりするのです。

老眼なのに無理をして本を読んでいる老人

そして無理をしているので、本を読んだ後には肩こりがひどくなっていたりする。

そんな人にハズキルーペ3を

「小さなものが大きくはっきり見える拡大鏡」

ということでプレゼントしてあげるととても喜ばれます。

ハズキルーペ3

「老眼鏡」という年寄り臭いイメージは全くなく

本人のプライドを傷つけることなく、快適に読書や細かい作業ができるようになるのです。

そんな点が受けて、ハズキルーペ3はプレゼントとしても結構重宝されているのです。


関連記事

老眼鏡に抵抗ある人が、すんなり受け入れやすい拡大鏡

ハズキルーペ3が人気の理由

ハズキルーペ3の種類と定価

ハズキルーペPart5とは





老眼鏡に抵抗ある人が、すんなり受け入れやすい拡大鏡 [老眼鏡]



40歳を過ぎると老眼が進行してきます。

私もそうだったのですが、最初はそれに気が付かないんですよね


最初は新聞などの小さな文字が読みにくくなってきます。

健康診断の近距離視力測定、

老眼というものの認識がなかったので、てっきり、乱視が進行して、小さな文字が読みにくくなってるとばかり考えていました。

まさか自分が「老眼」になっているなんて考えてもみませんでした。

老眼の老人

しかしさらに老眼が進行してくると、手元のものが見えにくくなる。

明らかに近くの物に焦点が合わなくなってくる。

いつしか自分が老眼であることを認めざるを得なくなる日が来る。

それでも気持ち的には自分は「遠視」なんだという気持ちが抜けない

まあ、同じ事なんですが「老眼」じゃなくて「遠視」なんです。

視力検査表

でも最初の頃はまだ何とかなる。

というか、最初は眼鏡屋さんに行って

「遠近両用」ってやつを作るんですね。普通の人は

あくまで、遠近両用


遠くも近くもよく見えるメガネなんです。

でも、老眼が進んでくると、遠近両用では間に合わなくなってくる。

そして細かい文字などを読むのが億劫になってくる。

そしてやむなく眼鏡屋さんに、

虫眼鏡

「手元が、見え辛くなってきたので、遠視用のメガネが欲しいんですが」

でも、メガネ屋さんは非常にも
「ああ、老眼鏡ですね」

そんでもって色々説明してくれるんですが、

言葉の端々に
「老眼鏡の場合は・・・」「老眼鏡はですね・・・」

こっちはニコニコ笑いながらも
「くそっ、ろーがん、ろーがん言うな」
と心の中で毒づいている。


自分じゃまだ若いつもりだったのに

単なる遠視のメガネを買いに来たつもりなのに

自分が「ろーがん」であることを思い知らされる。


ちょっとショックな場面というのでしょうか、

自分の老化をまざまざと思い知らされる。

そんな感じです。

老眼鏡

人によってはかたくなに老眼鏡を拒絶している人も多いと聞きます。

「まだそんな歳じゃない、老眼鏡なんてかけたくない」

そんな人も結構多いようです。


ということで、そんな人に受け入れられているのがハズキルーペ


ファッショナブルなサングラス感覚で「拡大鏡」という事になっています。


小さな物を大きく見せる。

単に、見にくくなった小さな文字を大きく見せるための拡大鏡というだけではなく

小さな物を拡大すると共に、実は度数2.5の老眼鏡と同じ程度、焦点距離も近くなります。


でもそんなこと言わなくても良いですね。

ハズキルーペ3

ファッショナブルな拡大鏡、見てくれも結構いけてます。

ですから、小さな文字が見にくくなったらハズキルーペという選択もあります。

結構軽くて、視界も広いですから、

段々億劫になってきた読書や細かい作業がとっても快適に変わります。


注:2013.11.1にハズキルーペ5が発売になっています。



注:2017.11にハズキルーペは更に大幅にバージョンアップし、新ラインナップに移行しています。


関連記事

2017新ハズキルーペ、特長や違い、選び方は

老眼になっていることを認めたくない人に最適のプレゼント

ハズキルーペ3と老眼鏡はどう違うの

ハズキルーペPart5とは




老眼鏡 ブログトップ