So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
視力回復 ブログトップ

いつでもどこでも簡単にできる老眼予防トレーニング [視力回復]



40歳を過ぎるころから近くのものが見え辛くなってきます。

いわゆる老眼というやつ


同時に細かい小さなものが見え辛くなったり、ちょっと暗いと文字などが見えにくくなったり

焦点を合わせるのに時間がかかったりと


目の水晶体を支えている筋肉が硬くなって、動きがにぶくなったり、力が弱くなってきていて、

なかなか思うように動かせないようになってきます。

老眼で近くのものが見えにくくなってきた人

老化現象ですから仕方ないのですが

目のレンズ(水晶体)の周りの筋肉くらいはトレーニングで、ある程度の機能回復が可能です。


そこで、いつでもどこでも簡単にできる老眼予防トレーニング

学校などで、近視予防トレーニングとして行っているところもあるのでご存じの方もいるかと思います。


やり方

1 目の前50cmくらいの所に指を立てて、 指に焦点を合わせます。

老眼が進んでいて、指では無理な人は近くのものなら何でもよいです。

2 次に指を立てたまま、遠くの目標 (山やビルなど)に焦点を移します。

3 1と2を繰り返します。(1~2秒間隔)

老眼予防トレーニングのやり方

回数は15回~30回

最初は、目が疲れてきたり、飽きてきたりするので少なめの回数から始めた方が良いと思います。

指の代わりに鉛筆などを立てて行っても良いでしょう。


パソコンで作業を行っているなら

1時間に1回とか

同じものを長時間、じっと見ていたとか、目が疲れたと思った時に目の柔軟体操代わりに行っても良いと思います。


一日に数回、あまり肩肘張らずに、気が付いたら軽くやってみるというような感じです。

ビルの2階から見た車


交通量が比較的多い、ビルの2階などでしたら、窓の下に走ってくる車の

ナンバープレートなどを対象に行ってみても良いと思います。

多少は動体視力のトレーニングにもなるでしょう。


コツは、気楽に肩を回して息抜きする感じで習慣づけることです。

これで、水晶体の周りの筋肉の硬直が少しは緩和されて、老眼の度数が進むのを少しは遅らせることができると思います。


関連記事

老眼と遠視は違うのでしょうか

老眼鏡を使うと老眼の度が進むのでしょうか?

ハズキルーペは老眼になっていない人が使っても便利なのでしょうか

老眼鏡はパソコン用と読書用は分けた方がいいのでしょうか








視力回復 ブログトップ