So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ハズキルーペ2017ラージとコンパクトの違いは [ハズキルーペ2017]



ハズキルーペには大きく分けて3種類あります。

・ラージ
ハズキルーペラージ


・コンパクト
ハズキルーペコンパクト


・クール
ハズキルーペクール


一言でいうとコンパクトが標準タイプ

クールは携帯用

ラージはコンパクトを一回り大きくしたラージサイズ

といっても説明になりませんからもう少し詳しく解説すると


元々のハズキルーペはざっくり言ってラージとほぼ同じ大きさでした。

その後、もう少しファッショナブルなタイプということでコンパクトサイズが出たのですが

ハズキルーペラージ
ラージ

ラージサイズの方が

・レンズが大きく視野が広い

・サイズに余裕があるので大きめのメガネの上からかけても邪魔にならない

と言うメリットが有ります。

特に高齢者で老眼の度が進んでいて、ハズキルーペだけでは手元に焦点が合いにくい人や

左右の視力が異なったり、乱視などのためにメガネの上からかけて使いたいという人にとってラージの方が使い勝手が良くなっています。

ですから

ハズキルーペコンパクト
コンパクト


視力に問題がなく??

とにかく手元のものを大きく拡大して見たい(メガネは不要)

という人ならハズキルーペコンパクトの方が使い勝手は良いと思います。


一方、普段使っているメガネの上からかけて使いたいという人にとってはラージの方が使い勝手は良いです。


あと、ラージには2017年モデルから拡大率が1.85倍のタイプが新登場しています。


特に細かい作業を大きく拡大して見たい

メガネと言うよりは拡大鏡としての機能を重視したいという人に適している拡大率です。

ただし、拡大率が大きい分、焦点距離が近くなり、ルーペ(拡大鏡)などと同じように目に近づけてみる必要があり

焦点距離を合わせられる範囲も狭くなりますから、より手元の作業に特化した用途に使う場面が多くなると思います。

ハズキルーペラージ
ラージ


値段、フレームのカラー、レンズの種類は基本的に全く同じです。
(ラージには拡大率1.85倍タイプが加わります)


どうしても大きな拡大率が必要だという場合以外は、選ぶ基準は大きさだけになります。

ハズキルーペの主な仕様
(サイズ以外はラージもコンパクトも同じです)

定価:10,167円(税込10,800円)

フレームのカラー
赤、紫、黒、白、チタン、パールの6種類

拡大率

1.32倍
1.6倍
1.85倍(ラージのみ)


ハズキルーペコンパクト
コンパクトカラーレンズ


レンズには各タイプともクリアレンズとカラーレンズの2種類あります。

違いはブルーライトカット率

ブルーライトカット率

クリアレンズ 35%
カラーレンズ 55%

カラーレンズはレンズに紫と茶色を混ぜたような色が付いています。

カラーレンズは液晶などの明るい画面を見ることを想定していますから、若干画面は暗くなります。


注:ブルーライト
液晶などからでる光の成分で、夜寝る前に浴びると寝付きが悪くなるといわれています。

サプリの宣伝などで、目を悪くするなどという説明をしている場合がありますが、医学的根拠はありません。


★Amazonでハズキルーペを見てみる★


★楽天でハズキルーペを見てみる★


関連記事

2017新ハズキルーペ、特長や違い、選び方は

ハズキルーペ・ラージ2017新モデルに1.85倍登場、旧タイプとの違いは

ハズキルーペ2017ハズキコンパクトの特長と使い方

ハズキルーペ2017ハズキクール特長と使い方




nice!(2)  コメント(0) 

ハズキルーペ2017ハズキコンパクトの特長と使い方 [ハズキルーペ2017]


ハズキルーペコンパクトはハズキルーペでは標準的なタイプになります。


ハズキルーペコンパクト

ハズキルーペラージはレンズが一回り大きくなっていて、広い視界で見たり

大きめのメガネと重ね掛けがしやすくなっています。


ハズキルーペクールは、持ち運びに便利なように小さめのサイズになっているので

携帯して、ちょっとした場面に使うときに便利なようになっています。


その中間タイプということで

スタイリッシュで、普段かけていても違和感が無いのが特長です。


ハズキルーペコンパクト


2017年モデルになってラージとクールは微妙にマイナーチェンジされていますが

コンパクトについては変更点はありません


スタイリッシュでバランスもとれているので、ちょっと見た目にも気を付けたいという人に適していると思います。


ハズキルーペコンパクトの主な仕様

本体価格:10,167円(税込10,980円)

フレームの色:赤、黒、紫、白、チタン、パールの6色

レンズ

1.32倍/1.6倍
クリアレンズ/カラーレンズ

各2種類の組み合わせ(計4種類のレンズ)から選ぶことができます。


クリアレンズとカラーレンズの違いは色が付いている/いないの違いのほか

ブルーライトカット率が

カラーレンズ 55%
クリアレンズ 35%


レンズの倍率について

1.32倍は一回り大きくなる程度ですから、パソコンの画面など少し離れた画面を快適に見たいという場合に便利ですし

1.6倍は、通常のルーペ並みに見ているものが拡大されますから

読書や手元の細かい作業を行うときに便利です。


ハズキルーペで小さな文字を見た所


時々ハズキルーペをかけて目がクラクラするという人がいますが

ハズキルーペはルーペ(拡大鏡)ですから

遠くを見たり、かけたままあちこち見たりすれば、目に映る画面に


焦点が合わなかったり

大きく動いたりしますから当然です。


あくまで手元のものを大きく拡大して見るしかも両手が使える)便利グッズであることをお忘れ無く


★Amazonでハズキルーペを見てみる★


★楽天でハズキルーペを見てみる★


関連記事

2017新ハズキルーペ、特長や違い、選び方は

ハズキルーペ・ラージ2017新モデルに1.85倍登場、旧タイプとの違いは

ハズキルーペ2017ラージとコンパクトの違いは

ハズキルーペ2017ハズキクール特長と使い方





nice!(1)  コメント(0) 

ハズキルーペ・ラージ2017新モデルに1.85倍登場、旧タイプとの違いは [ハズキルーペ2017]

ハズキルーペは2017.9にラインナップを一部変更しましたが

ハズキルーペラージも、僅かに形状が変更され、倍率も1.85倍のモデルが追加されました。


ハズキルーペラージ

旧タイプと新タイプの違い

サイズが僅かに大きくなったこと

旧タイプ

本体サイズ
W142mm×H44.3mm

レンズサイズ
W136mm×H42.5mm

フレーム長
172.5mm


新タイプ

本体サイズ
W145mm×H45mm

レンズサイズ
W136mm×H42.5mm
(1.32倍、1.6倍タイプ)

W128.6mm×H42.5mm
(1.85倍タイプ)

フレーム長
164.5mm


1.85倍タイプを除いてレンズ自体の大きさは変わりませんが全体的に横幅が3mmほど大きくなっていますから、メガネと重ねて使う場合には僅かですが使いやすくなると思います。

2017新ハズキルーペラージ

2017新ハズキルーペ・ラージの特長

定 価

10,167円(税込10,980円)


フレームの色

赤、紫、黒、白、チタン、パールの中から選択


拡大倍率と焦点距離の目安

1.32倍(50~70cm)
1.6倍 (30~40cm)
1.85倍(22~28cm)


レンズの種類

それぞれの倍率のレンズは

クリアレンズとカラーレンズのどちらかを選択できます。


UV紫外線99.99%カット

1年自損保証
10年レンズ保証
鼻パッド2年間交換無料


ハズキルーペラージはハズキルーペの中では1番大きなタイプで、メガネと重ねて使うなら1番使いやすいタイプです。

また、レンズが大きい分視野が広く、パソコンの画面とキーボードなどを交互に見る時に下部の視界が途切れないなど、広い視野で見たい人に適しています。


カラーレンズタイプはブルーライトカット率が高いほか、パソコンなどの明るい画面をまぶしくなく見るのに適していますが

逆にカラーレンズタイプで普通の紙面窓を薄暗いところで見ると見えづらいという場合もありますから、主に使うシーンによって使い分けた方が良いでしょう。



注:ハズキルーペは旧バージョンも平行して売られていますから通販で購入される場合は名称などをよく確認して下さい


・新タイプ
・2017モデル
など

また、2017.9月に販売会社名がプリヴェAGから Hazuki Companyに変更になっています。

★Amazonでハズキルーペラージを見てみる★


★楽天で2017ハズキラージを見てみる★


関連記事

ハズキルーペ2017の種類、サイズや倍率、選び方はどうすればいい?

ハズキルーペ2017ハズキコンパクトの特長と使い方

ハズキルーペ2017ラージとコンパクトの違いは

ハズキルーペ2017ハズキクール特長と使い方




nice!(4)  コメント(0)